<< 2013年05月14日のつぶやき | main | という訳で映画行った。 >>

図書館戦争(とてもネタバレ)

 …を観てきました。

 ツアーと重なっての怒涛の宣伝ラッシュ、岡田さんさぞ大変だったろうなぁ。
 とか思いつつあんまり観る気なかったような…。ごめんなさい。
 実は『図書館戦争』の原作本、ハードカバー発売時に表紙の挿絵が当時好きだった漫画家さんにそっくりで『!』と思ってたのでした。小説滅多に読まないのでその時買わなかった…! 文庫本当然イラスト変わってる…orz

 うっかりカウンセリングの関係で水曜日が通院日になってしまったのでレディースデーなかなか空かなくて。今週空いたから何か観れるなーと劇場のサイト見てたら…気付くと『図書館戦争』予約してました。まるで観る気満々みたいじゃないか←違うんか

 で、上映中ずっと岡田さんと思って見てなかったです(ステージやグラビアでの岡田さんには『王子様』という呼称が激しく相応しいけど堂上教官には果てしなく似合わないわ…)。
 普通に物語に入り込んでいた。

 導入部から…メディア良化法が成立した頃とちょっとだけずれるけど、現実、平成に入った頃は宮崎事件とか起きて段々メディアに対する目が厳しくなってきた。大人たちはまだバブルに浮かれてた。
 もうここから、異次元の話のようでいてまったく異次元じゃない。
 そうぼんやり感じてたのをラストら辺で仁科さんが言葉にしてくれてなんか嬉しかったなぁ。
 
 キュンキュン方面には期待してなかったのですが、うっかり手塚の告白という流れ弾に当たってしまい、思わず『ぴ』と変な声が出てしまいました。なんだ『ぴ』って。
 ついでに書くと栗山千明ちゃんが美人だったなぁ! 私木更津〜以前にどこかのブログかなんかで『栗山千明と山本耕史の顔が同じ』という記事と写真を見て爆笑して以来、栗山さんに微妙なイメージしか持ってなかったんですがw この映画ではマドンナ(…)でしたわ〜。美しい。女子力高い。
 堂上と郁ちゃんはまだまだこれから…そもそも始まるのか? という感じで終わりましたね。そこがキュンキュンポイントなんでしょうか(聞くな)。ねぇ王子様www

 戦闘シーンはマジで死んじゃうんじゃないかとハラハラしました(普通死ぬ)。何しろ宣伝で出演した番組はゲラゲラ笑って観るばかりで事前にストーリーチェックとかしなかったから…!
 で、銃撃とかのシーンすごく多いから気になったのが、もうこの映画の銃撃シーン観る時頭の中いっぱいになってたのが、
 弾もったいないよ!
 難しい所だねー…威嚇射撃なら空砲でいいじゃんと思ってたんだけど、そしたらラスト絶体絶命だよな…。たけしの挑戦状並みに難しいぞ…。
 (図書隊の予算ってどこから出てるんだろう…。国から予算が出てるとは思いにくい…)

 という訳で普通に映画として面白かったです。
 もう公開からだいぶ経つので、今日来てる人、特に女性はリピーターが多い様子でした。

JUGEMテーマ:映画






スポンサーサイト


  • 2020.02.20 Thursday
  • -
  • 22:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Amazon
PR
ランキング
PR
DHCロゴ
かうんと
グーバーウォーク
blogram投票ボタン
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座