<< 10/7 届いたもの | main | 愛なんだ >>

調子に乗って。


評価:
北村 年子
シンコーミュージック
コメント: 中学時代何度も読み返した本。 いろんな音楽好きになったけど、一回りしてここ数年また聴き直したりしてます。プリンセスプリンセスがいたからアイドル以外の音楽も聴くようになったんだろうなぁ。ファッションとかもお手本にしてました。
 秋の夜長を持て余して、中学時代の愛読書を古書で買い戻したこれに手を伸ばしてみました。

 初めて読んだのは多分13〜4歳の頃。
 巻末のメンバーページの香ちゃんのデニムのカスタマイズ方法を見て早速真似しまくったのを思い出す。<恐ろしい事にその時のデニムは更にリメイクされて今スカートになっている…。
 そう。女の子のアーティストを好きになると絶対ファッションから入る。
 あたしのファッションが派手目なのは絶対彼女たちの影響(せい)だー!

 で。本なんだけど、まぁ5人のインタビュー集なのね(私はこういう本をV6には求めない。出てなくて良かった)。
 初めて読んだ頃の私から見た彼女たちは10以上年上のお姉さんたちだから、まぁ恋愛の話とか、育ってきた過程とかを、ふんふん、と下から見上げてたわけで。
 あれから20年近くたって、当時の彼女たちを歳が追い越した今読むと、自分と比較できちゃうんですね。
 私は今野登茂子さんにタイプが似ている気がするなぁ。
 加奈ちゃんには相変わらず憧れます。
 写真もいいんだよね…モノクロなのが惜しいけど、いい感じにソフトフォーカス。
 10代の女の子が、オーディションに受かって、学校は転校させられて服も髪型も自分たちの意思と違うものばかりで飾られて、事務所の姿勢は酷いもので、売れる兆候もなく、そんな中で奇跡的に5人は誰も辞めようと言い出さず、揃って事務所を移って、6年かけて渋公でライブを行えるほどになった。
 という話。
 その後武道館だってファンで埋め尽くすようになる、上り坂でのインタビュー集。

 何度も何度も読み返した中学時代とはそりゃ受け取り方が違うですよ。

 香ちゃんの恋の話を読んで、今『岸谷香』となっていることを思うと、そのまんまで、大変微笑ましいです。


スポンサーサイト


  • 2020.04.02 Thursday
  • -
  • 02:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Amazon
PR
ランキング
PR
DHCロゴ
かうんと
グーバーウォーク
blogram投票ボタン
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座